HOME » 種類ごとに知る眼瞼下垂の治療方法 » 偽眼瞼下垂

偽眼瞼下垂

眼瞼下垂と似たような症状が出る状態ならば偽眼瞼下垂が疑われます。その原因と症状、その治療法を解説しています。

“偽”という言葉に惑わされず適切に治療すべし—偽眼瞼下垂

前額部(おでこ)の皮膚や筋の弛緩により眉毛が下がり、眼瞼を押し下げている眉毛下垂といった状態が偽眼瞼下垂と呼ばれ、眼瞼下垂とは区別されてます。高齢者や顔面神経麻痺後に瞼が重くなったり、眼が開きづらくなる場合は、偽眼瞼下垂が疑われます。

特徴としてあげられるのは、次のようなものです。

  • 年齢とともに眉毛が自然下がった状態にある「眉毛下垂」
  • 上まぶたの皮膚が老化によってたるんだ状態になる「眼瞼皮膚弛緩症」
  • まぶたを閉じる筋肉が過剰に緊張して開きにくい状態の「眼瞼けいれん」
  • 外傷や甲状腺の病気から起こる「眼球陥凹」
  • 先天的な「小眼球症」

まれに抗精神薬を服用することで瞼が下垂する場合もあります。“偽”と名前が付いていても、眼が開きにくくなることにはかわりありません。ほおっておくと肩こりや頭痛の原因にもなりますので、偽眼瞼下垂の場合でも適切な治療を受けるべきです。

偽眼瞼下垂の治療方法とは

偽眼瞼下垂に属する皮膚のたるみや瞼が重くなるこれらの状態は、皮膚のたるみが眼瞼にあるのか、あるいはそれより上のおでこにあるのか?と言った具合に、原因次第で治療法も変ってきます。

【眼瞼のたるみ。眉毛が高い位置にあり、おでこにシワが多い場合】

  • 埋没法…皮膚のたるみを折りたたみ、視野を広げます。
  • 切開重瞼…埋没法では対応の難しい皮膚のたるみが存在する場合に適用します。
  • 上眼瞼リフト…生来二重だったのに加齢に伴い奥二重になってしまった方、逆に一重瞼であるが手術により二重になりたくないという方にお勧めの術式です。

【おでこのたるみ。眉毛が低い位置にあり、おでこにシワが少ない場合】

  • ブローリフト…眉毛の直上を切ることで眉毛を引き上げ、瞼のたるみを解消します。
  • 前額部リフト…おでこ全体が下がることで瞼が圧迫されている方向けの術式。ただし傷が長く、術後の合併症の懸念があります。

偽眼瞼下垂は、ほとんどの場合保険治療が認められておらず、美容外科で治療することになります。基本は自由診療ですが、偽眼瞼下垂の治療をすることで目元の印象が若返りますので、躊躇されている方はチャレンジしてみる価値は大きいですよ。

(免責事項)わたしが独自にリサーチした内容をもとにサイトをつくりました。眼瞼下垂の治療について詳しく知りたい人は、クリニックに直接問い合わせてみてください。