HOME » 眼瞼下垂の名医・3つの条件 » 失敗の少ない手術方法を採用している

失敗の少ない手術方法を採用している

一般的な切開法である、挙筋前転法や上眼瞼切開法などを紹介。さらに痛くない、腫れない、元に戻せると注目されている眼瞼下垂の名医が採用する、埋没式挙筋短縮法をリサーチしました。

眼瞼下垂の名医が採用している手術方法とは

美容外科や形成外科などのクリニックにおいて、眼瞼下垂の治療で用いられている手術法を紹介しましょう。

挙筋前転法

多くの形成外科や美容外科で採用されている手術法で、挙筋腱膜と瞼板とを再固定します。

生理的な改善が認められるだけでなく、ミューラー筋(交感神経が関与している大切な神経組織)を一切傷つけることなく治療ができるため、安全な術式として注目されています。ただし場合によっては、片頭痛や肩こり、不定愁訴(頭が重い・イライラする)などさまざまな症状を引き起こす可能性があるといわれています。

上眼瞼切開法

筋力や腱膜などに問題が無い場合には、皮膚の切除だけで眼瞼下垂を改善していきます。

この方法は著しい皮膚の弛緩によって生じた場合に有効で、老人性の眼瞼下垂に用いられる手術法です。皮膚を切除するだけなので、腫れが少なくて済むのが特徴です。

挙筋短縮法

筋肉を切除したり、そのまま重ね合わせて固定する治療法で、重度の眼瞼下垂症に有効です。ただ、生理的な改善は認められていません。挙筋短縮法には皮膚の表面からアプローチする方法と、まぶたの裏側(結膜側)からアプローチする方法の2通りの術式があります。

筋膜移植法

眉毛を上げる前頭筋とまぶたをつないで(筋膜を移植して連結)、眉毛の動きを使ってまぶたを上げる方法。別名を筋膜吊り上げ術とも言います。

挙筋機能が無い場合はこの手術以外に方法はなく、重度の眼瞼下垂治療として使われます。大腿筋膜の移植をする場合は、歩行障害などのリスクが生じます。

名医が採用した切らない手術「埋没式挙筋短縮法」

“切らない、腫れない、痛くない“眼瞼下垂症の手術として近年脚光を浴びている手術が埋没式挙筋短縮法です。

これは、長年眼瞼下垂の治療で多くの実績と治療例を積み重ねてきた真崎医院の院長が考案した画期的な手術法。切らない眼瞼下垂症の治療は瞼の裏を手術します。傷跡がなく、瞼の開きを良くしていきます。そのため切開法と違い傷跡も無くダウンタイムも大幅に少なくなります。

腫れもほぼないので、手術直後より外出が可能というのはまさに名医ならではの手腕から生み出された治療法になります。手術時間は両目でも20分程度と短時間なので、身体への負担が最小限な点も良いですね。二重の幅も広くしたり、狭くしたりするなど調整可能とのこと。こうした細やかな配慮は美容外科ならではと言えるでしょう。

返金保証制度は自信の証

手術結果に満足いかない場合、手術費用の全額返金保証制度を提示しているクリニックはまだまだ少ないでしょう。つまり、返金保証制度を取り入れているクリニックは、それだけ自分たちの眼瞼下垂の治療に対して絶対の自信を持っている証明にもなります。

ちなみに前述した真崎医院では、治療が気に入らなかった場合は返金することはもちろん、手術直後の元の状態に戻してもらえます

一般的な手術で行なわれている切開法の場合、元に戻せないそうですが「埋没式挙筋短縮法」 ならばそれが可能だとか。まさしく名医と呼んで差し支えありませんね。

(免責事項)わたしが独自にリサーチした内容をもとにサイトをつくりました。眼瞼下垂の治療について詳しく知りたい人は、クリニックに直接問い合わせてみてください。