HOME » 眼瞼下垂の名医・3つの条件 » 症例写真を公開している

症例写真を公開している

眼瞼下垂の名医を探す際は、クリニックが公開しているサイトなどで症例写真をチェックして、手術の実力を判断してください。

手術前後の写真が眼瞼下垂手術の名医度をあらわす

手術前後の写真が眼瞼下垂手術の名医度をあらわす眼瞼下垂手術を始め、美容外科や形成外科の領域ほど、医師の実力がはっきりとわかる医療分野はありません。術前後の差や仕上がり具合は、素人目に見ても上手な医師と経験の浅い医師では歴然と違うものです。

ということは、ホームページなどで眼瞼下垂の治療例や術前術後の写真を多く掲載しているところは、それだけ自信を持っていることの証明となるでしょう。

眼瞼下垂の治療では、単に手術など外科的な治療に長けているだけは名医とはいえません。筋肉や皮膚の緩みだけではなく、その他の疾患によって症状が引き起こされている場合もあります。こうしたケースをしっかり診断でき、術後のケアまでしっかりと行なっているクリニックを選ぶべきです。

大切な顏の重要なパーツである眼ですから、見た目の良さにしっかりとこだわりをもって治療してもらえる病院で治療を受けるべきだと私は考えます。

よく形成外科と美容外科のどちらに通院すれば良いか悩まれる人がいらっしゃいます。わたしは機能面の回復だけでなく、見た目にもきちんと配慮してくださる美容外科で治療を受ける方が賢明な選択であるように思っています。みなさんはいかがでしょうか。

症例にみる眼瞼下垂の名医がいるクリニック

【真崎医院】
埋没式挙筋短縮前転法
術前→術後4日→術後1週間→術後2週間
真崎医院の眼瞼下垂写真真崎医院の眼瞼下垂写真
真崎医院の眼瞼下垂写真真崎医院の眼瞼下垂写真

【東京美容外科】
糸のみで皮膚を切らずに直接筋肉にアプローチして悩みを解決。
東京美容外科の眼瞼下垂写真

【リッツ美容外科】
瞼の裏側から手術するため傷跡が全く残らない手術法を採用。
リッツ美容外科の眼瞼下垂写真

(免責事項)わたしが独自にリサーチした内容をもとにサイトをつくりました。眼瞼下垂の治療について詳しく知りたい人は、クリニックに直接問い合わせてみてください。