HOME » 費用・写真・方法…眼瞼下垂手術の気になるコト » どんな方法で治療をするのか?

どんな方法で治療をするのか?

眼瞼下垂の手術法の概要を説明しています。なかでも切らない眼瞼下垂手術にスポットを当て、そのメリットを解説しました。

眼瞼下垂の手術方法とは

一般的な美容外科では、次のような手術法が採用されています。

  • 挙筋前転法
  • 挙筋短縮法
  • 下眼瞼下制術
  • 腱膜移植

どの手術法を用いるかは、眼瞼下垂の状態や程度によっても異なってきます。判断はやはり医師に任せるべきですが、事前に自らが治療法を知っておいて損はありません。診断時に医師の言葉を鵜呑みにするのではなく、きちんと医師と対話しながら最善の治療法を選択できますからね。

切らない眼瞼下垂手術が人気の理由

最近は、切らない眼瞼下垂手術が増えてきました。これまで一般的とされてきた切開法では、傷跡やダウンタイムの懸念がデメリットとされていたからです。そのため、技術力の高いドクターでしか施術はできないものの、患者のみなさんはこぞって切らない方法を求めている状況です。

たとえば「埋没式挙筋短縮法(まいぼつしききょきんたんしゅくほう)」は、美容外科クリニック真崎医院の院長が考案した画期的な治療法。衰えたまぶたの筋肉を切除することなく、手術のために皮膚を切開することもありません。切らない手術のため、傷跡も腫れもほとんどないとか。

埋没式挙筋短縮法では、緩んだり延びたりしてしまった挙筋を糸で結ぶことでまぶたを引き上げます。手術はまぶたの裏から行うため、傷跡は残りません。なによりも糸をとってしまえば元通りに戻るので、気に入らない場合はやり直しが可能だそうです。

手術時間も両目で20分くらいと短時間で済みます。ということはダウンタイムもなく、身体に負担がかからない治療法と言えます。ただ埋没式挙筋短縮法は、特殊な手術のため医師の技量が問われる難しいものです。この術式に対して経験と技量をもったクリニックの医者から施術してもらうようにしたいものです。

(免責事項)わたしが独自にリサーチした内容をもとにサイトをつくりました。眼瞼下垂の治療について詳しく知りたい人は、クリニックに直接問い合わせてみてください。